裸眼で過ごしたい!

40代 レーシック

40代だけどコンタクトは不便なのでやっぱりレーシック手術がしたい!でも恐いので実績のあるクリックが知りたい(´・ω・`)

 

コンタクトレンズはお手入れがめんどうだし、眼鏡はずり落ちて邪魔になる・・・「40代だけどレーシックがしたい!」と思っているあなたに、実績のあるクリニックを3つ紹介します。

 

レーシックをすることでコンタクトレンズのわずらわしさからも、眼鏡の不便さからも解放されて、日常生活がもっと楽にもっと便利になりますよ!
例えば、朝起きてすぐ時計が見られますし、くたくたで帰宅してもお手入れなしで眠れます。眼精疲労がなくなるので頭痛や肩こりが軽減したり、集中力アップも!さらに、プールや温泉、海も困ることはありませんし、旅行や出張先にコンタクトレンズや眼鏡を持っていく必要もなくなります。眼鏡ならラーメンなどあついものを食べるときに曇ったり、マスクをすると真っ白で何も見えない・・・なんてことありますよね。コンタクトレンズなら花粉症がひどくて装着できなかったり、目の痛みや乾きなどトラブルを抱えている人も。それらの手間やわずらわしさは、レーシックをして裸眼になるとストレスフリーになります。

 

「でも、40代って遅くない・・・?」そう思っていませんか?
いえいえ、40代でレーシックを受ける人も実は結構いるんですよ。決して20代そこらの若い人だけが受けるものではありません!定年までおよそ20年もありますし、家族と一緒に旅行にでかけたり、趣味を楽しんだり、友人と温泉に行ったり・・・裸眼だったらどんなに楽か・・・そう思いませんか。

 

「でもでも、手術ってなんか恐いし・・・」そう思っているあなた。実績があるクリニックなら心配いりません。事前の検査・説明をはじめ、術後のフォローまでちゃんとしてくれます。専門のクリニックは年間手術数も多いので安心ですよ。

 

 

レーシックをするならここ!おすすめクリニックトップ3

 

それでは、おすすめクリニックを3つ紹介していきます。

 

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック

 

神戸神奈川アイクリニックは、症例数がトップクラス!200万症例以上の実績があるので、この膨大な実績があれば、「自分の眼に合わせた治療が受けられそう!」と思いますよね。また、それだけたくさんの患者さんに信頼され選ばれているということ。この実績が良好な手術結果と満足度につながっているのが、神戸神奈川アイクリニックの特徴です。

 

安全面においては、徹底した感染症対策を実施していて、使用するレーザーはすべて厚生労働省承認のもの!すぐに終わるといっても、手術ですから安全面でしっかりしたクリニックを選びたいですよね。また、医師は世界水準の技術力を持った眼科専門医です。どんなに立派な病院でも、仕上がりは執刀する医師によりますから、信頼できるところを選びましょう。

 

適応検査は無料!眼の健康診断を兼ねて行う方もいるので、迷っている方は一度相談&検査だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

プラン&料金

神戸神奈川アイクリニックで受けられるレーシックは3プラン。おすすめは、プレミアムアイレーシックです。通常のレーシックよりも、視界が鮮明で夜間もくっきり。保証期間も15年と長期間なので安心ですよ。

スタンダードレーシック iFSイントラレーシック プレミアムアイレーシック
料金(税込み) 15万円 25万円 37万円
保証期間 3年 3年 15年

 

 

アフターケア

神戸神奈川アイクリニックはアフターケアもばっちり!

 

  • 手術後、視力が低下したときは、再手術・追加矯正が無料
  • 手術後の検診・相談が無料
  • 万が一合併症が起きた場合、合併症治療が無料

 

店舗

東京と大阪に2店舗あり、どちらでも適応検査から手術まで受けられます。

 

  • 東京新宿
  • 大阪梅田

 

 

>>神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはコチラ

 

 

品川近視クリニック
品川近視クリニック

 

品川近視クリニックは、全国に5店舗ある大手のクリニック。レーシックをはじめ、ICLや老眼治療などいろいろな治療を行っているので、眼のお悩みにしっかりのってくれますよ。
実績は125万症例以上あり、満足度は98.6%!安全面も対策がばっちりなので、大手で実績がある品川近視クリニックは安心して受けられます。

 

レーシックのプラン

品川近視クリニックで受けられるレーシックは7プラン、さらにICLを含めその他のプランも多数あります。プランが多いので、あなたの要望に合わせたものもきっとみつかりますよ。また、分割払いも月々3000円からなので、負担が少ないのもGOOD!

 

スタンダードレーシック スタンダードイントラレーシック 品川イントラレーシックアドバンス スタンダードZレーシック クリスタルZレーシック アマリス750Zレーシック Lext(レクスト)
料金(税別) 70,000円 86,000円 147,000円 204,000円 232,000円 297,000円 324,000円
保証期間 1年 3年 5年 8年 8年 10年 5年

 

その他のプラン

ICL(眼内永久コンタクトレンズ) ReLEx smile(リレックス スマイル) フェイキックIOL ラゼック エピレーシック イントラ角膜リング 遠近両用レーシック
料金(税別) 463,000円 296,000円 547,000円 165,000円 165,000円 469,000円 343,000円
保証期間 3年 3年 3年 3年 3年 1年 1年

 

  • スタンダードレーシック
  • スタンダードイントラレーシック

 

実はこれらのプラン、40歳以上の方は受けられないんです(´・ω・`)なのでスルー(´・ω・`)

 

レーシックは使用するレーザーや機械などで料金が異なります。また、視力回復だけではなく、角膜強じん化もできるLext -レクスト-や、ドライアイになる可能性が低く、物理的な衝撃に強いReLEx smile(リレックス スマイル)など、それぞれに特徴があります。見え方にも違いがでるプランもあるので、あなたに何がぴったりなのか相談して決めるとよいでしょう。

 

アフターケア

品川近視クリニックでは、アフターフォローもしっかりしているので安心です。年中無休ですし、医師が常駐しているので、何かあった際はすぐに相談できますよ。
また、レーシックでは、通常手術翌日、1週間後、3か月後に検診を行います。さらに、品川近視クリニックではサポート会員制度というものがあり、入会することで、

 

  • 術後の痛みを緩和
  • いつでも無料相談(電話でもメールでもOK)
  • レーディングアイ・プラス(老眼治療)が割引価格で受けられる

このような特典が受けられます。また、このサポート会員は無料なので、入っておくことをおすすめしますよ!

 

 

店舗

  • 東京院
  • 札幌院
  • 名古屋院
  • 梅田院
  • 福岡院

 

全国に5店舗あるので、他のクリニックより行きやすいですよ。また、無料託児所があったり、遠方の方の交通費を一部援助してくれることもあるのでそこも要チェックですよ!
しかし、店舗によっては受けられないプランもあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

 

 

>>品川近視クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

 

新宿近視クリニック
新宿近視クリニック

新宿近視クリニックは、ICL(眼内永久コンタクトレンズ)に特化していることが特徴です。アフターケアもしっかりしているので、安心です。料金は視力によって変わってくるので、明確でGOOD。

 

プランと料金

視力によって料金が変わってきます。ここでは両目の料金を記載していますが、片目だけでも受けられますよ。その場合は両目よりもお安くなります。また、料金は分割で支払うことも可能です。月々の支払ないなら、コンタクトレンズを購入するのと変わらないですよね。

 

近視度数
-5D未満

近視度数
-9D未満

近視度数
-9D以上

乱視用
料金(税込) 598,000円 638,000円 678,000円 +108,000円

 

新宿近視クリニックで使用する眼内レンズは、0.36mmのとっても小さなの穴が開いていることで、眼内の水の流れもスムーズです。これまでの眼内レンズは穴が開いていなかったので、眼圧があがり緑内障のリスクもありましたが、この眼内レンズではリスクが軽減されているので安心ですよ。素材は『コラマー(Collamer)』でタンパク質などが沈着しないのが特徴。さらに、紫外線を90%以上カットしてくれます。

 

アフターケア

  • 3年間、再手術保証付き
  • 術後1年間、何度でも定期検診が受けられる

 

手術後の検査は通常、手術翌日、翌々日、1週間後、2週間後、1か月後、2ヶ月後、3ヶ月後、 6ヶ月後、1年後に診察をします。これだけ検査を受けられれば術後も安心ですよね。
また、術後の1年間は何度でも受けられるので、ちょっと違和感を感じたり不安があればすぐに相談が受けられます。

 

店舗

  • 東京新宿

 

新宿近視クリニックは東京に1店舗のみなので、東京近郊在住の方にはおすすめですよ。1店舗なので気になる方は、予約を早めに。

 

 

>>新宿近視クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

レーシックのメリット&デメリット

 

「レーシックって、手術をすると裸眼で生活できるんだよね!?でも詳しいことはわからない・・・」という方はこちらから。レーシックってどんなものなのか、メリット&デメリットをざっくりわかりやすく解説します。

 

レーシックってどんなもの?

40代 レーシック

レーシックは、レーザー(エキシマレーザー)で眼の角膜を削って、視力を回復することです。

 

このレーザー、日本では2000年に厚生労働省から安全性が認められているんですよ。目薬の麻酔をして、レーザーをあてるだけなので、手術といっても10分程度で終わります。「恐いよ〜」と思っている方も10分程度なら!と思いませんか。また、痛みはほとんど感じないので安心してくださいね。

 

ちなみに、レーシックを行う前には適応検査を行います。レーシックが受けられるかどうか、しっかりチェックしてからなので迷っている方は相談やチェックだけでも受けてみるとよいでしょう。

 

レーシックのメリット

これを読んでいるあなたに、レーシックのメリットなんてわざわざ挙げなくても・・・と思いますので、日常生活で裸眼になるメリットは挙げません。視力矯正でレーシックを選択するときのメリットだけ挙げていきますね。

  • 近視・乱視・遠視を矯正できる
  • 長い目で見るとコンタクトレンズよりもコストが抑えられ経済的

 

レーシックのデメリット

いいことばかりだと逆に心配になりませんか。デメリットもしっかり把握して検討してくださいね。

  • 夜間の視力低下(ほとんど数か月で改善される)
  • 出血(ほとんど数週間で改善)
  • ドライアイ(治療によって乾燥しやすくなる。時間の経過とともに改善するが個人差あり)
  • 近視戻りすることもある
  • 適応しない場合は受けられない

 

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)のメリット&デメリット

 

レーシックとはまた違いますが、レーシックと同じように「裸眼で生活をしたい!」という願いを叶えてくれるのがICL。レーシックは角膜を削るので、それに抵抗がある方はこちらがおすすめですよ。紹介するクリニックの中にもICLを受けられるところもあるので、チェックしてみてくださいね。

 

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)ってどんなもの?

ICLは、眼の内側にコンタクトレンズを入れる視力矯正法です。

 

レーシックとは違い、角膜を削る必要はなく、コンタクトレンズを入れているときの違和感もないのが特徴。「永久コンタクトレンズ」とかいわれるとちょっと恐いですが、取り出すことも可能ですよ。元に戻るというところが良いですよね。

 

お値段はレーシックよりもちょっとお高めです。目薬の麻酔をしてから、3ミリ程度切開してレンズを入れるという手法で行われます。

 

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)のメリット

レーシック同様、裸眼で生活できるメリットは省きますね。

  • 角膜を削らない
  • レーシック不適合の強い近視でも受けられる
  • 近視の戻りがない
  • 取り外し可能
  • UVカットのレンズを入れることで瞳が守られる
  • 将来眼の病気になったとき、治療の幅が狭められることはない

 

ICL(眼内永久コンタクトレンズ)のデメリット

メリットの多いICL(眼内永久コンタクトレンズ)ですが、デメリットも。

  • レーシックより料金が高め
  • 眼内レンズの種類によっては緑内障のリスクがある

 

 

 

まとめ

40代 レーシック

3クリニック紹介してきましたが、どこも安心して受けられますよ。アフターフォローもしっかりしているので、あとは通いやすさや受けたいプランによって決めるとよいでしょう。

 

また、レーシックがよいのかICLがよいのかも考えてみてくださいね。「よくわかんないな〜」という方は、どちらの手術も行っている品川近視クリニックで相談してみるのがベスト!

 

40代からでもレーシックは決して遅くありません。実績のあるクリニックに相談して、裸眼で快適な毎日を過ごしましょう。